デモde Grooveより,

"まず音楽的な話をする前に。とても素敵なジャケットです。はい。ドラムパターンが普通なようで、緻密な作り込み。初聴段階ではちょっとしたオマケ感覚で乗っけたようなボーカルも、聞き込むうちに存在感大。新鮮で躊躇していない音作りの用に感じます。1曲1曲が芯の強いトイレットペーパー(決して悪い意味ではなく、硬質ながらも柔らかさ、温かみのあるトラックという意味で)のような感触で、親近感が沸きます。近頃編集部内で「いやー最近のアマチュアさんはクオリティーが高いねー」と話題になりますが、音楽というもの象徴は、ビジネスが入ってしまうと陰ってしまうものかもしれません。そういった意味でもこの「Baking Cookies」はとても好感触です。フィンリー・クェイもきっとびっくり。"